回線遅延シミュレータ Linktropy

回線遅延シミュレータ Linktropy


 

[価格はお問い合わせください]

在庫あり

回線遅延シミュレータ Linktropy

WAN Emulation Made Easy

回線遅延シミュレータ Linktropy


APPOSITE TECHNOLOGIES社製 LINKTROPYネットワークエミュレータは、他社製品を上回る高精度さを備え、価格もお手頃です。

IPネットワーク上のWAN帯域幅、遅延、ジッタ、パケットロス等様々な事象を最大1Gbpsのスループットでエミュレーションし、ネットワーク設計・構築を支援します。

本製品は、地上回線、無線、衛星、インターネット等、現実のWANと同じ環境を作り出し、アプリケーションの動作テストが可能です。

スケジューラ機能により、実回線の複雑な状態変化をリアルにエミュレートしたり、レコーダ機能により、実回線の状態をキャプチャしLINKTROPY上で再現することも可能です。

IPネットワークの伝送品質に影響を与える様々な事象(遅延 / ジッタ / パケットロス / 輻輳)や伝送路における 障害(リンク・エラー / ネットワーク切断)を擬似的に再現することができるテスト装置です。

FEATURES

多彩なエミュレーション設定:

  • 最大スループット 1Gbps
  • 最大遅延 10秒
  • パケットロス、BER設定

トラフィックモニター:

  • トラフィック状態をグラフやパケットカウンタなど視覚的に表示

かんたん操作:

  • Webブラウザ経由の操作
  • イーサネットケーブルを繋いでリンク状態を設定するだけ
  • You Tube で説明動画公開

実回線状態の再現:

  • レコーダ機能による実回線上の状態を記録
  • 記録したデータを基にLINKTROPY本体にて状態再現

スケジューラ:

  • スケジューラ機能により状態を動的に再現
  • 試験の自動化が可能

IMAGE

回線遅延シミュレータ Linktropy

回線遅延シミュレータ Linktropy

USE CASE

ネットワークパフォーマンスの確認:

 実回線導入前の検証は価格だけでなくパフィーマンスも重要

アプリケーション検証:

 開発または導入を検討している相互作用アプリケーションの検証

トラブルシューティング:

  実回線を利用せずともテスト環境にて実施

その他:

 VoIP、IPTV、ディザスタリカバリ、製品のデモ・トレーニング等

仕様

スペック
/モデル

MiniG-100M MiniG-1G L 5510 L 8510
性能
最大
スループット
100Mbps 1 Gbps 1 Gbps 1 Gbps
リンク数 1 1 1 4
最大
パケットレート
195,000 pps 350,000 pps 3,000,000 pps 12,000,000 pps
エミュレーション設定
帯域 300bps~最大 1Gbps(1bpsステップ )
遅延 0秒~10秒( 0.1ミリ秒ステップ)
パケットロス 0~100%( 0.0001%ステップ)
バックグラウンドトラフィック ×
パケット再配列 ×
パケット重複 ×
キュー・デプス
フレーミング・オーバーヘッド
レコード&
プレーヤ
×
スケジューラ ×
その他 :インターフェースおよびライセンス等
インター
フェース
2 Gigabit Ethernet
( RJ45)
2 Gigabit Ethernet
(RJ45 or SFP))
8 Gigabit Ethernet
(8 RJ45, 8 SFP, or 4 of each)
ライセンスおよびハードウェア保障 初年度無償保証
(次年度以降保守サポートは行っておりません)
初年度無償保証
(次年度以降有償)
カスタマー
サポート
センドバック修理、
ファームウェアの提供 、
電話サポート
(平日 9:00~17:00)
センドバック修理、
ファームウェアの提供、
電話サポート
(平日 9:00~17:00)